スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大嫌いなモノ

私には大嫌いなコトがあって

何年かに1度、それにひっかかるんですが

昨日、久しぶりにそれがやってきました。

今回は、移動パン販売という形で・・・

いつものオジサンから、パンを買ったら

「ちょっと良い話があるんだよ」と呼び止められ

何だろうと、話を聞こうとしたら

いきなり広げた新聞「顕正会」

・・・はっきり、お断りしました。

私、2年半前にこのカルト団体に3時間ほど監禁されて

入信を迫られた、ムカつく思い出がありまして。

「この教祖は東日本大震災の地震を予言してたんですよ!」

「素晴らしい宗教でしょう!あなたも入信しないと不幸になるわよ!!」

「この宗教は国教になるんです!今入信しないと、貴方は一生不幸ですよ!!」

「成仏したくないの?!死んでも不幸になるのよ!!」

えーまぁ、何つーかね・・・死ね馬鹿と言いたいのを堪えてですね・・・

「神様を見た事も無い人に、神様の何が分かるのか」

「私の事を不幸だと思っているのか、失礼な」

何とか逃げ切ったのですがね。

顕正会というのは、被害者団体もあるカルト団体でして

施設に人を監禁して、10時間でも20時間でも

入信を迫る、公安にも目を付けられている

第二のオウムとの噂も高い、ヤバイ団体です。

パワーストーンだのパワースポット巡りだの、散々やった挙句

私が悟ったのは「現世利益を求めても良い結果はでない」という事

特に宗教に、現世利益を求めてはいかんのです。

宗教というのは「如何に良く死ぬか」という哲学であって

お金持ちになりたいだの、玉の輿に乗りたいだの

そんな事に血眼で、神社巡りなどしても

神様は、何も応えてくれんという事です。

神様にちょっとだけ、接触した事ある私ですが

あの人達は、見ています。私たちの行動を。

見ていますが・・・見てるだけなんですよ。

見てもらえても、特に何か良い事がある訳ではありません。

私たちが「神様」と呼ぶ存在は、そういうものなんです。

私たちは、如何に良く生き如何に良く死ぬか

そして近づくものなのです。

霊感などあっても、特にお得な事などありませんよっ

漫画の見すぎです。中二病なだけです。

自分にも周りにも、誠実に生きていれば良いんです。

カルト団体など、お呼びじゃねーんだよ!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらら、いるんですねー、そういう人たち。
私はその手の勧誘にあったことはありませんが、
よく家とかにやってくるのはエ○バの○人。
でも、大学がキリスト教系だった私は、
バリバリ議論を戦わせてやっつけて帰したことがあります。(爆)
最近では「うちは仏教です!」の一言で撃退してますけどね。
そういえば、昔読んだ小説に「うちはゾ○ア○ター教」だって
言って、宗教団体をコケにするシーンがあったなあ。
なんにしろ、まともに取り合わないことが最善の防御策ですね。

Re: No title

Rosemaryさん

いるんですよ、こういう人達が・・・
私は押しに弱そうに見えるせいか、よく勧誘されます。
本当によけいなお世話で、犯罪系お節介です。
エ○バ、うちも時々来ますが
冷たくあしらって、お帰りいただいております。
Rosemaryさんは、議論して勝ったのですか~素晴らしいv

そうそう、今度のso_ko蚤の市で
多肉をお渡ししたいのですが、よろしいでしょうか?
それとも、咲丘さんのちっちゃいイベントの方がご都合よろしいですか?
sidetitleプロフィールsidetitle

光卯

Author:光卯
2012年3月1日から、高知市で古道具屋を営む事になりました*
楽しいお店を目指します☆
お問い合わせ・horkeukamui05@yahoo.co.jp

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle雨龍堂つれづれカウンターsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。